Event is FINISHED

【ビジネスで活きる】非言語表現ワークショップ~身体(じぶん)を知ろう、操ろう

Description
言葉を相手の心に響かせるには、テクニックが必要です…

自分の意見を伝えるのが苦手な人
しっかりと説明している人でもうまく伝わらず誤解を招いてしまう人
人との会話が苦手な人
相手にどう思われているのか不安な人

カラダの使い方のポイントを押さえるだけで、言葉の伝わり方が大きく変わります。

このワークショップでは、相手との信頼関係を深め、言葉をより深く相手の心に届かせるためのしぐさや姿勢、表情などのポイントを紹介します。交渉、接客、教育、プレゼン、さらにCGアニメーションやVtuberなどを対象に、状況に合わせた感情表現や個性の在り方を体系的に説明し、実践して頂きます。
カラダの動きをイメージ通りにコントロールする様々なワークを通じて、楽しく身体表現力を高めて頂くプログラムです。
普段カラダをあまり動かさない方、演劇や身体表現の初心者の方でも安心してご参加ください。


対象:対面コミュニケーションの質を高めたい方(営業、販売、接客業、インストラクター、講師・教員、等々)
身体表現の質を高めたい方(役者、CGアニメーター、Vtuber等々)

ワーク内容:前半はコーディネーション・トレーニング(COT)と呼ばれる運動やシアターゲームを通じて、カラダを動かすことに少しずつ慣れて頂きます。その後パントマイムの基礎的な動きからカラダの各所の役割や動かし方を紹介します。後半は即興演技(インプロ)の演出法でもある「ステイタス」を通じてふるまい方をコントロールするエクササイズを行います。



講師:荒木シゲル
高校卒業後にイギリスに渡り、パントマイム・アーティスト、俳優として活動していた。ロンドン市内の劇場で4つのソロ公演を興行、イギリス国内外の雑誌、新聞等で取り上げられた。アジア人パフォーマーの代表として故マーガレット王女に呼ばれ、晩餐会でパントマイムのデモンストレーションを行ったこともある。98年に帰国後は、CGキャラクターアニメーションのアドバイザーとして「スペースチャンネル5」シリーズなどのゲーム製作に関わる。「シーグラフアジア2009」を始め、CGクリエイターやヒューマノイドロボット開発者などを対象とした身体表現に関する講演、ワークショップを多数開催。現在は即興演技・パントマイムを取り入れた企業向けコミュニケーション研修を開催している。デジタルハリウッド大学大学院でのビジネスプロデューサーを対象とした講義が、3年連続で最も評価の高い講義として表彰された。
人材開発情報誌「企業と人材」にて、「非言語で伝わるもの」好評連載中。
著書:「荒木シゲルのアニメーションサイエンス」(ボーンデジタル)、「伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術」(同文舘出版)など。
荒木シゲル公式サイト:http://shigeru-araki.com/

一生懸命仕事していてもちゃんと評価してもらえない、
相手との意思疎通がうまくできない、
プレゼンで必要以上に緊張してしまう、
面接でいつも落とされてしまう…。

そんなときは、言葉(バーバル)に原因があるとは限りません。

容姿、声、表情、受け答えのタイミング、会話のおもしろさ、知識、服装、ジェスチャー…
人の印象はさまざまな要素がありますが、自分の考えや感情を的確に表現できなければ、
相手に誤った印象を与えてしまいます。
そういった誤解を生み出さないためには、自分のカラダをイメージ通りにコントロールする
能力が必要です。
~「伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術」(同文舘出版)より~
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#493328 2019-11-11 10:49:59
More updates
Tue Nov 26, 2019
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(一般) SOLD OUT ¥5,500
Venue Address
港区赤坂3丁目9−1 紀陽 ビル Japan
Organizer
非言語(ノンバーバル)スキルを高める「コムトレーニング」
148 Followers

[PR] Recommended information